上司に好かれるコミュニケーション力を養う方法とは?

可能・不可能をはっきり伝える

上司とうまくやっていくためには、はっきりすることが大切です。つまり、できる事はできる、できない事はできないと言うことです。この意志表示がはっきりできないと上司は仕事を与えてもいいのか、また、任せても大丈夫なのかと安心して仕事を任せることができないのです。
様々なことを断るばかりでは、仕事を全くすることができないので、チャレンジすることも大切です。しかし、失敗が許されない事柄も多くあるので、そのような仕事を受ける際には曖昧な返事をすることなく、じっくりと考えてチャレンジするかどうかについて決めるように教育してあげる必要があります。はっきりしていて困ることはないので、上司とも良い関係を築くことができます。

自分から進んで行動をする

仕事において、上司からの指示を待つばかりでは印象はあまりよくありません。自分で考えて行動することが大切です。自分が提案した事柄をもし失敗したとしても、怒られることはあるかもしれないが、ミスをしないと思っている人はいないため、印象が悪くなってしまうことは失敗が続かない限り少ないでしょう。
さらに、会議などでも、上司は部下を自分に賛同してもらうためだけに参加させているのではなく、新しい意見を出してほしいから参加させている場合も多いはずです。座って話を聞くだけでなく、否定されたとしても自分の意見をしっかりと述べることで頑張っているように感じてもらえます。頑張っていれば評判はもちろん良くなってくることでしょう。